キャンパスライフ
キャンパスライフ・レポートメインイメージ

キャンパスライフ・レポート

キャンパスライフ・レポート

飯塚 祐貴 さん

楽しい大学生活をおくるには

経済学部 経済学科4年
県立荏田高校出身
望月ゼミ

これから大学に入学する方は、どうすれば大学で楽しくキャンパスライフをおくれるだろうかと考える人が多いと思います。3年前は自分もその一人でした。私が今までにおくった大学生活から考えるとそれは「よく遊びよく学ぶ」ことが近道であると考えます。

「よく遊ぶ」これは簡単に言えば、サークル・部活に入る、友達・彼氏・彼女をつくる等、勉強以外で大学と関わる全てのことと言えるでしょう。とにかくやってみたら楽しいかも?と思ったことはどんどんチャレンジしていくべきだと思います。何事にも積極的に関わっていくことが大学を楽しむための秘訣とも言えます。

では「よく学ぶ」とは何か?それは間違いなく勉強です。高校とは違い授業の内容も学部にもよりますがより専門的な内容になるし、正直に言いますと難しいです。しかし、だからこそやり遂げて単位が取れた時の達成感は本当にうれしいものがありますし、確実に身につきます。なかでも大学ならではのゼミナールには是非参加して欲しいです。私もゼミに参加し、討論大会に出席したりして皆で一つのことをやり遂げる達成感を味わいました。また、大学生としての集大成である卒業論文を書くことも自分が大学で何を学んだのか表現するものとして、とても重要なものであると思います。

「よく遊びよく学ぶ」ことについて述べましたが、ピンとこない人ももちろんいると思います。そういう方は大学生の時にしかできないことを自分で探してみてください。これを見つけることができた学生は楽しくキャンパスライフをおくることができると思います。

最後にある偉い学者はこう述べています。「何かをした時の後悔よりも何かをしなかった時の後悔のほうが大きい」と。勉強も遊びも自分から積極的に動くこと、これが一番大切です。

木村 勇介 さん

4年間の大学生活を振りかえる

経済学部 経済学科4年
県立大清水高等学校出身
宮本ゼミ

1年生の頃
初の授業。内容はあまり覚えてないのだが、高校とは全然違うという印象を受けた。また必修のクラスで友達ができ、それからは毎日のように学校へ通った。 この年運命を変える出会いというと大袈裟だがサークルにも入る。しかし1年生のときは入るには入ったが時期が出遅れ、12月の忘年会しか参加しなかった。 1年生の間何もかもが初体験で、あっという間に過ぎていった。

2年生の頃
2年生は1年の12月に参加したサークルの忘年会からサークルに出だし、11月には新幹部としてサークルの会計を務め、気づけばサークル一色の1年間だった。 学業の方では秋学期から始まるゼミも決まり、順調に単位取得できた。

3年生の頃
3年は11月まではサークル中心の生活、それ以降は就活中心になる。 まずはサークル。自分たちの代ということで、勧誘から新勧イベントまで、すべてを企画・運営し、結果新1年生が80人も入り全体で150人を超える大所帯になった。それからは人数のおかげか、やるイベントほとんどが成功に終わり、11月の引退式では涙涙で引退することができた。
そして11月を境に就職活動が始まる。私は医療系に興味があり、ゼミも医療経済に進み、志望業界も医療系を中心に回った。

4年生(現在)
4月。就職活動も大詰めに入り、何個か内定をもらい、4月20日念願の第1希望の会社(医薬品の商社)の内定をもらう。同時に私の就職活動も終わったのである。 現在はたまに学校へ行き、それ以外はサークルの同期や後輩と遊んだり、アルバイトをしたり充実した生活を送っている。(6月現在)

4年間の総括
こうやって4年間を振り返ると、サークルに出会っていなかったら、今の自分や仲間に出会えなかったなと思えるほどサークルの存在は大きかった。これから入る新入生もぜひサークルや部活動に入って自慢できるキャンパスライフを送って欲しいと思う。

在学生の声

谷澤 真惟 さん

谷澤 真惟 さん

資格取得へチャレンジして、
将来を考えるようになりました。

経済学部 経済学科3年
静岡県 榛原高等学校出身
※2014年3月取材

経済学科の谷澤真惟さんが、関東学院大学社会連携センターの主催する資格取得講座のガイドブックを手に取ったのは3年の春のことでした。「大学に入り、なにか結果が残ることにチャレンジしたかった」とガイドブックを見て決意したそうです。
春学期中に、秘書技能検定2級講座を受講し、生まれて初めて資格を取得。「頑張ればいける!」と続けて秋学期には、ファイナンシャル・プランナー技能検定3級講座を受講。その資格も取得できました。
「ファイナンシャル・プランナーの知識は、将来の仕事に役立つだけでなく、税金・保険・住宅など実生活でも役立つスキルとノウハウを得ることにつながり、資格を取得できたことが自信に繋がりました」。これからの就職活動の方向性についても、住宅や保険のことに興味が湧いてきたそうです。

川島 貴弥 さん

川島 貴弥 さん

4年間の一人暮らしの大学生活から、得たものがありました。

経済学部 経営学科4年
長崎県 口加高等学校出身
株式会社メモリードに就職内定
※2014年2月取材

長崎の島原から、初めて横浜に出て一人暮らしを経験した川島貴弥さん。
アパートを選ぶときに、4年間住むのだからとこだわったのは「きれいな部屋」、「バストイレ別」、「洗濯機が置ける間取り」の3点でした。「家賃は管理費を含めて5万4500円。キャンパスから10分と、近すぎず、遠すぎずという距離も含め理想的でした」。
晴れて新生活をスタートさせたものの、1年目は大学生活とアルバイトの両立がうまく出来ず、いろいろ悩んだこともあったそうです。
しかし、一念発起し、2年生から所属したゼミと映画研究会のサークル活動に打ち込み、それからは学生時代を満喫できたと話します。「厳しい指導で有名なゼミでしたが先生がとても親身に応援してくださったので、がんばれました。それに学生支援室の方にも、さまざまな相談にのっていただき助けていただきました」。
「一人暮らしは自由な半面、孤立してしまう危険性もあります。ただ私の場合は、それがきっかけで生まれたご縁に感謝しています」とも。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.