教育・研究

経済学部教員コラム vol.26

2014.01.20 経営学科 天野 恵美子

「4年生は卒業論文の執筆に大忙し」

マーケティング論を担当している天野です。
毎年12月と1月は卒論の提出を間近にひかえて、ゼミナールの4年生たちは執筆に大忙しの日々を送っています。3年生の終わりから卒論の構想を練り始め、就職活動の合間にテーマに関連する書籍や論文を読んで知識を深めていきます。夏の中間発表会や卒論合宿を経て、調査・執筆に弾みをつけ、12月半ばからは原稿提出→添削→加筆・修正→提出→添削…を繰り返します。学生たちは加筆・修正の指示やコメントが書き込まれた真っ赤な原稿をみて愕然としますが、完成を目指して全力で仕上げていくのです。

 

 

今年の卒論テーマには「地域振興」、「介護サービス」、「男性・女性向けファッション雑誌」、「スポーツ(サッカー・野球)」、「日本酒」や「フェアトレード」、「自動車」、「震災と消費」、「子ども向けメディアリテラシー」、「観光地」など多様な単語が並びます。
4年間の集大成となる卒論では、自分の興味や関心のあるマーケティング活動について自分なりの「問い」を立て、関連書籍や論文資料、独自の調査・分析によって明らかにしたことを整理し、「問い」にこたえていきます。

 

 

講義等で課されるレポートをはるかに凌ぐ「大作」を書き終えた学生たちは、毎年、問い学ぶという、文字通り「学問」の喜びと苦しみをくぐり抜け、書き終えた達成感を胸にそれぞれの活躍を待つ新たな場所へと飛び立っていくのです。

 

 

最終提出に向けて大変な今も、そしてこれからも元気に頑張れ、4年生!

 

(経営学科 天野 恵美子)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.