学部案内


学部長からのメッセージ

社会の経済的課題を発見し、その原因を検証して解決方法を探る

 経済学とは、社会経済のメカニズムの究明し、そのなかで起こる問題を発見して、その解決方法を探求していく学問です。現代のグローバル化の進展により、各国の社会経済の成り立ちは複雑化しています。ある国で生じたことが、国際的なつながりで、広く世界に影響するという現象がますます複雑化しています。確固たる視点に立ち、理論や歴史、政策に関する知識をもって、市場経済を考察する必要性は増しているといえます。

 経済学部に入学すると、経済学の入門を学ぶとともに、専門知識とともに人文科学や自然科学を含む幅広い教養科目を修めていきます。専門知識を活用して、市場経済を考察するには、幅広い教養が必要になります。学年が進むと、経済学の専門的で高度な学びに移行していきながら、経済学以外の社会科学などの一定の専門的な学習も深め、自分で選んだコースごとに体系的な学びを進めていくことになります。また、1年次から少人数のクラスで、教員と双方的なやり取りをする形式の授業を行い、専門的な知識を学びながら、主体的に考える力、クラスメートと協同する力、コミュニケーションの力を育成していきます。

 卒業生には社会や組織の中で、自ら問題を見つけ、解決策を主体的に考えて、周りの人と協同できる有為な人になって欲しいと願っています。そのために大切なのは、自分で今何が必要か考えることができること、多様な価値観を持つ人々とコミュニケーションが取れること、そして、既成概念にとらわれず事象を考察できることです。経済学部では、主体的に学び考え行動する学生を育成するため、課題解決型学習(アクティブラーニング)を実施しています。皆さんが、いろいろな課題にチャレンジされることを期待しております。

経済学部 学部長

吉田 千鶴 教授

経歴  東京大学薬学部卒業。慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。関東学院大学経済学部専任講師、准教授を経て、教授。研究領域は、労働経済学、人口経済学。

主な著書

「日本の共働き世帯における夫と妻の幸福度と子供、時間配分」(『季刊家計経済研究』No.106,2015年)

共編著『人口変動と家族の実証分析』(慶應義塾大学出版会、2020年)など。

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.