経済学部の学び

「卒業研究最終報告会を開催しました!」

2008.11.21 福田哲也ゼミナール

 こんにちは。福田哲也ゼミナール4年の渡邉清美です。

 

 

 私たちのゼミの卒業研究では、企業が公表している財務諸表(決算書類)をてがかりに、企業の経営戦略分析をおこなっています。

 

 4年次になると7月には中間研究報告会、11月には最終報告会を開催し、これまで取り組んできた卒業研究をパワーポイントやレジメを使って発表します。

 

 今年の最終報告会は、11月15日(土)午前10時からフォーサイト10階大会議室で開催しました。報告するグループは経済学部と人間環境学部のゼミを合わせて合計5グループ。報告時間は40分、質疑応答20分。

 

 とりあげられた業界は、日本の基幹産業である自動車業界から、マクドナルドが市場の7割を支配するハンバーガー業界、M&Aと価格競争の熾烈な競争を繰り広げる家電量販店業界、大手に奇抜な発想で挑戦するHISの成長が著しい旅行業界、そして日本が生んだ世界に誇る即席めん業界まで、多岐にわたります。

 

 この最終報告会のために、私たちはリハーサルを行なったり、他のグループと情報交換するなど、キャンパスに夜遅くまで残り作業してきました。報告会には現役ゼミ生だけでなく、卒業して社会でご活躍の先輩方にも来ていただきます。緊張しますが、一生懸命準備してきたぶん、やりがいも感じます。

 

 気を配るのは報告内容だけではありません。わかりやすいように声の強弱に気をつけたり、スライドのタイミングに気をつけたり、会場の様子を見ながら話したり。

 

 

 報告が終わっても息着く暇はありません。質疑応答では、3年生や、ゼミが今年秋学期から始まったばかりの2年生からも、想像できないような(!)質問が出されます。予定した20分の時間内では、すべての質問受け付けられないほど活発なやり取りとなりました。

 

 答えられなかった質問や意見、アドバイスは、分析や準備が足りなかったことを意味します。こういった意見を参考に不足部分をおぎない、さらにいい卒業論文を完成させるために、今後取り組むことになります。

 

 グループで作業するチームワークや、多くの人前で発表するプレゼンテーションなどは、社会に出てからもかならず役に立つことと思います。この日を迎えるまで大変でしたが、いい経験をすることができたと思っています。

 

 あとは、来年1月末の卒業論文の締め切りに向けて、メンバーと共にがんばります!

 

福田哲也ゼミナールHP

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.