経済学部の学び

「神奈川産学チャレンジプログラムのレポートづくり」

2009.07.03 青木克生ゼミナール

私たちのゼミは今、三つの班に分かれて「神奈川産学チャレンジプログラム」に挑戦しています。この大会は、各企業が参加し、企業ごとに挙げたテーマに沿った内容を論文にまとめ、プレゼンで発表し、他大学と競い合います。よりよい内容の提案を目指し、只今奮闘中です。以下では,各グループの代表者がそれぞれの活動内容について紹介します。

 

坂上
私の班は、株式会社アルプス技研という自社の正社員である技術者を常用型派遣の形で、クライアントに派遣する派遣会社のテーマに応募しました。テーマは、社会問題となっている雇用と派遣のあり方についての今後の提案です。現代社会の難しい問題ですが、そこにやりがいを見つけ全力でこのテーマにぶつかっています。

 

小泉
 私たちの班では、株式会社バンテックと異業種とのコラボレーションによる新ビジネスの構築について取り組んでいます。部品の物流システムの強みを活かした異業種とのコラボを考え、三週間に一度発表しています。その際に、先生や同じゼミ生である違う班から質問をしていただきます。そして、10月28日に企業でのプレゼンがより良いものになるように日々健闘しています。

 

瀧澤
私たちの班は、地域密着スーパーを目指し研究しています。そこで流通業について調べています。企業に出むき、現場の人の生の声をもとに、今後の流通業について研究しています。今はスーパーの現状を調べ,必要な資料を集め,理解を深めています。今後はアンケートも行っていく予定です。

 

夏休みはゼミ合宿も行います。チーム全員の力を合わせ、より良いプランを練っていこうと思います。

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.