経済学部の学び

「学生まちづくりプレゼンテーション大会」

2009.10.31 福田敦ゼミナール

「大学・地域の協働による学生まちづくりプレゼンテーション大会」

こんにちは。福田敦ゼミナール4年ゼミ長の山崎隆弘です。
 今回私たちは、東京商工会議所主催の「大学・地域の協働による学生まちづくりプレゼンテーション大会」に4年生6人で参加しました。このプロジェクトは、台東区の観光や商業を活性化するための提案を学生の視点で考え、報告書にまとめてプレゼンテーションを行うというものです。今年は、私たちを含め10大学が参加しました。
台東区は、歴史遺産や伝統工芸など地域資源が豊富で、上野や浅草といった集客力のある観光地もあって、当初はどこに絞って考えるべきか繰り返し議論を交わしました。レポートのテーマと全体構想がまとまらないまま夏休みに入ってしまいました。不安ばかりが先行しました。夏休み中に何とか時間を調整して、全員で浅草、上野、谷中などを歩いているうちに、観光ガイドにも載っていない場所や店も多いことが分かりました。そこで、インターネットの動画をツールとして区民にここぞという場所や店などを紹介してもらうイベントを考えたらおもしろいのではないかと考えました。夏合宿では、懇親会の後で夜中まで議論を重ねるなどして何とか完成させることができました。ゼミでプレゼンテーションの練習を行い、パワーポイントの資料づくりのために大学に来て最終チェックを行いました。
 
        9月のゼミ合宿での中間報告会

10月24日(土)に丸の内にある東京商工会議所本部で、「動画を活用した新たな観光プロモーション」というテーマでプレゼンテーションを行いました。10名ほどの審査員に囲まれるような会場配置だったので強い威圧感を感じつつ、また他大学の学生から熱い視線も感じて緊張しました。途中で用意していた動画が流れないなどのハプニングもありましたが、何とか無事にやり遂げることができました。審査員からは好意的な意見と共に、動画のイベントを実施するとなぜ商業の活性化に結びつくのか説得力が乏しいといった厳しい批評もいただきました。私たちがやや曖昧にそして感覚的に捉えていたことですが、論理的に説明することの難しさを感じました。

  大勢の審査員に圧倒されそうでした・・・

4年生として最後のゼミ活動で外部のプロジェクトに参加できて良かったと思います。自分にとってとても良い経験と思い出になりました。この経験を自分の生活に活かすと共に、チャレンジすることの達成感を後輩たちにも伝えていきたいです。

   会場の後方には他大学の学生が私たちの報告を聞いていました

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.