経済学部の学び

「ゼミナール紹介」

2009.11.10 四宮正親ゼミナール

四宮ゼミナール 紹介

 みなさん、こんにちは。ゼミを担当している四宮です。今まで、多くのゼミ紹介はゼミに所属する学生が記事を書いてきました。今回は、少し趣向を変えて、ゼミを担当する教員の立場で、ゼミを紹介してみたいと思います。

四宮ゼミナールは、経営史について研究するゼミです。経営史は、特に企業社会での人間の側面に焦点を当てて、その意思決定にアプローチするところに特徴があります。江戸時代から現代にいたる企業の歴史のなかで、ビジネスに対する社会的な評価はどのように移り変わってきたのか。また、それぞれの時代環境のなかで、新しいビジネスモデルを構築して、次の発展をもたらす企業家活動は、どのような内容で、どのようなプロセスを経たのか、などを具体的な事例を通して研究しています。10月からは、日本の製菓業界の経営史について、みんなで調べて発表し、議論しています。今年は、韓国の留学生も交えて、国際的な視点も参考になっています。

 ゼミ活動は、基本的に、2・3・4年生が合同で行います。9月には、名古屋に研修旅行に出かけました。トヨタ博物館や産業技術記念館を見学し、トヨタが生産した乗用車の第一号車の復元や繊維機械が実際に動くところをみて、学生は大いに興味を覚えたようです。10月6日には、日産自動車の工場見学を行い、講義で学習した自動車生産の現場を肌で感じることが出来ました。また、見学終了後は、担当の方にいろいろと質問して理解も深まり、まさに「百聞は一件に如かず」でした。

 ほかにも、ゼミの仲間たちが所属する硬式野球部の春と秋のリーグ戦を、みんなで応援に行きました。天気にも恵まれて、横浜スタジアムで行われた試合は、勝利のうちに終わり、ゼミの仲間としてのつながりもより強まったように思います。

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.