経済学部の学び

「合同ゼミによる就職活動準備セミナー」

2009.12.27 佐藤志乃ゼミナール

「合同ゼミによる就職活動準備セミナー」こんにちは。佐藤ゼミの渋谷光洋(写真左)、日下部光(写真右)です。
   

 

去る11月7日、佐藤研究室では、経済学科のゼミ(吟谷ゼミ、野中ゼミ、森ゼミ)と合同で就職活動準備セミナーを行いました。①企業研究、②就職マナー講座、③模擬面接の三部構成で、こうした就職活動の基本を早い段階で体験しておこうというのがこのセミナーの主な目的です。開催準備は学生が主体となって行います。各ゼミから2名ずつ運営委員が選出され、佐藤ゼミからは私たち2人が委員として準備・運営を行いましたのでその体験をご報告させて頂きます。

 

■ 企業研究・マナー講座について -渋谷光洋
私、渋谷は運営委員として企業研究を担当しました。企業研究は、金融、マスコミ・広告、食品メーカーなど志望する業界ごとにグループを編成し、そのなかで各自が志望する企業1社について調べて発表するというかたちで行います。ゼミの垣根を越えて同じ業種・業界を志望する者どうし知り合う機会を設け、互いに刺激しあうという狙いもあります。運営側は、当日研究会が滞りなく行われるために、どんな資料が必要で、事前に参加者に何を伝えておくべきなのか、事前に何回か集まって話合いを行いました。その甲斐あってか当日の研究会は各々充実したものになったようです。

 

                             企業研究会  飲料メーカー班
  聞く側も熱心にメモをとっているようです
                                     企業研究会
                                     マスコミ・広告業界班
 
                                 堂々とした発表ぶりです

 

またマナー講座では、大手企業で人事を担当されている講師の先生から服装やお辞儀の仕方など、基本的なポイントについて、実践も交えて講義して頂きました。模擬面接では緊張してしまったことでかえって自分の癖がわかるなど、普段の生活では気づくことのできない発見がありました。

 


                                    マナー講座
                                第一印象はまず姿勢から。 
                        美しいお辞儀で好印象をもたれるように。

  今回のセミナーは、自分にとって就職活動へのモチベーションを高めるきっかけになりました。他ゼミ生との交流も深められたこと、運営側の役割を果たしたこともまた貴重な経験だったと感じています。ここで得られたことを実際の就職活動の場で発揮できるように意識していこうと思います。

■ 模擬面接について -日下部光
私、日下部光は運営委員として「模擬面接」を担当致しました。参加者全員が面接する側、面接を受ける側の両方の役割を体験し、お互いに評価し合おうというのが模擬面接の趣旨なのですが、どのようなルールやスタイルで模擬面接を行うのか(グループ面接か個人面接か、また何人体制で行うのか)、当日の参加者に対してどういう説明資料を準備すべきか、などすべて私たち運営委員に任されているので、手探りの状態からのスタートでした。
各ゼミの運営委員が集まったものの、1からプランを立て、具体的な段取りを決めることに慣れておらず、最初は戸惑いました。自分たちで一般的な面接トレーニングに関する情報を収集するなどして、どのような体制で行うか、当日初めて模擬面接を行う参加者に対してどういった説明・フォローが必要なのかについてよく話合いました。小規模のセミナーであっても、準備する側は色々な事態を想定して段取りを考えなければいけないものだなと改めて実感した次第です。
当日はいずれのグループも滞りなく模擬面接が進んだようで、私たちが作りあげたシナリオ通りに動いてくれている参加者をみてホッとすると同時に、うまくいったなと大きな達成感を感じました。

模擬面接風景
面接する方もされる方もやや緊張気味・・

              模擬面接風景
              質問終了後に
              面接官役が気付いた点をコメントしています。

       参加者の反応はおおむね好評で、「(模擬面接を)早い内に体験してみてよかった」「緊張してこんなにしゃべれなくなるものとは思わなかった」という感想がきかれました。面接されるだけでなく、面接官の経験をしたことによって、面接を客観視することができてプラスになったと思います。

   また運営委員の仕事は、指示通りに行うのではなく、自分たちで1から計画を立て、段取りを考えて実行していくもので、学生生活ではあまり経験しないことですが、社会人となれば当然求められることだと思います。共に準備をした仲間たちや他ゼミの人々との交流も、自分にとって良い刺激になりました。この経験を生かし、本番の就職活動も乗り越えて行けたらと思います。

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.