経済学部の学び

「ゼミナール紹介」

2010.12.07 横森豊雄ゼミナール

こんにちは! 横森ゼミナールの経営学科3年、梅村麻以です。

 

横森ゼミナールは、2008年から始まり、3年目を迎えた新しいゼミです。現在、4年生7人、3年生11人、2年生10人の、計28人で活動しています。

私たちのゼミの魅力は、座学が主である他のゼミとは違い、大学の外に出て自分たちのやりたいことが実現できる!というところにあります。

つまり、学生一人ひとりの行動力を重視したゼミ、なのです。

 

2、3年ゼミ生の集合写真

 

私たちの大学外での具体的な活動は、シャッター通りが増えつつある商店街の空き店舗を活用した、チャレンジショップ事業です。

商店街の活性化を目的としているため、地域密着での調査を行うことが多くあります。そのため、地域の方々と交流をとる機会が多く、調査を通じて社会人に必要なコミュニケーション能力を養うことができます。

私たちの取り組んでいるチャレンジショップは、お店の賃借交渉から商品の仕入れまですべて自分たちで行うため、お店の運営について、すべてを学ぶことができます。

私たちが今までに行ってきた活動について、紹介したいと思います!

 

▼昨年2009年の熱海でのチャレンジショップ事業に続いて、2009年の冬休みは横須賀市でアンケート調査・通行量調査を行いました。

熱海での調査結果とは全く異なった結果が出たことで、地域によっての特性や、その違いの元となるものは何なのかなど、データに基づいて分析する力が身に付きました。

 

 

横須賀中央でのアンケート調査の様子

 

▼今年2010年の春は、販売士の資格取得のための座学を行いました。生徒一人ひとりが先生役になり、パワーポイントを作成して発表する、授業形式での勉強です。

 

 

この授業で多くのゼミ生が販売士3級を取得しました!

 

 さらに、実際自分が起業するならどのような事業を行うか、事業内容はもちろん、使用する店舗の立地や開業費用など、起業について本格的に考える勉強会を行いました!この授業はチャレンジショップ事業にも応用できる、とても内容の濃い授業でした。

 

夏休みには、Campus Town Kanazawaの補助事業に採択され、金沢区役所と連携して、金沢文庫駅の通行量調査とアンケート調査を行ないました。通行量調査は金沢文庫駅周辺の5箇所で、8月22日と23日の2日間に分け、9:00~18:00まで行ないました。

 

金沢文庫駅西口の通行量調査の様子

 

~アンケート調査~

また、8月29日、30日、9月12日には金沢文庫周辺のアンケート調査を実施しました。通行量調査と同じように各地点に分かれて9:00~18:00まで行いました。目標は1日300枚で、年代や性別に偏りが出ないように注意しながら行いました。

 

~講演会~

関東学院大学前教授で、商店街でNPO活動を行う昌子住江先生をお招きし、11月8日に「横須賀おっぱまワインに見る地域活性化プロジェクト」という内容の講演をしていただきました。商店街の抱える問題や、改善点、地域活性化の具体策など様々な話を聞くことができて、とても勉強になりました。

 

 

講演会での昌子先生(右)と、ゼミ指導教授の横森先生(左)

 

~文献調査~

「地域生活インフラを支える流通のあり方」という研究会報告書を資料とし、学生で分担をして各自担当の箇所をパワーポイントでまとめて発表しています。これにより、地域が抱える問題や改善策など、新しい知識を吸収することが出来ます。

 

 

ゼミ授業の様子

 

以上は、私たち横森ゼミが行ってきた活動の一部です。

これらの活動内容からも分かるように、私たちのゼミでは、課外活動や休日を返上して活動すること、特に夏休みなどの長期休暇を使って調査やチャレンジショップを開いたりすることが多くあります。しかし、やるときは全力で活動し、休むときは休む!といったところが、横森ゼミの活動の特徴です。活動自体は大変なことが多いですが、そういったことをみんなで協力して乗り越えていくことにより、信頼関係を築いていくことが出来ました。調査に一区切り付いたときやゼミ終わり、それ以外にもみんなで打ち上げをしたり食事に行ったりと、とても和気あいあいの、仲良しなゼミです!

(文責 経営学科3年 梅村麻以)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.