経済学部の学び

活動報告

2013.07.31 福田敦ゼミナール

横須賀上町(うわまち)商店街連合会の
「灯ろうまつり」に参加しました

 

皆さんこんにちは!福田敦ゼミナール2年ゼミ長の小林疾風(こばやし・はやて)です。
新たにゼミに加わった2年生は女子5人、男子8人の計13人です。
今後もブログを随時更新していきますので、よろしくお願いします!

 

さて、私たちは7月12日(金)~13日(土)にかけての2日間、横須賀中央駅西口の坂の上り口辺りから始まる商店街(約150店)の歩道に300個以上の灯籠を並べる「うわまち浪漫灯ろうまつり」(今回が9年目)にゼミ活動の一環として参加してきました!

 

――――――――――【うわまち浪漫灯ろうまつりについてはコチラ↓】―――――――――

https://www.facebook.com/pages/%E3%81%86%E3%82%8F%E3%81%BE%E3%81%A1%E6%B5%AA%E6%BC%AB%E7%A5%AD/154220174737069
(公式Facebookにとびます♪)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

その準備期間として約1か月前から、上町商店街連合会の打ち合わせに参加させていただき、商店街の方々がどのように打ち合わせを進め、どのように企画を詰めているのかを身をもって体験させていただきました。

 

(打ち合わせの様子)

 

この日が商店街の方々とお会いするのが初めてということもあり、メンバー皆が少し緊張していた為、打ち合わせ中に学生から何か提案するという形がとれませんでしたが、次の打ち合わせまでの宿題(笑)ということで、レポートにて個人の感想や気付いたこと、企画に対する具体的な提案をさせていただきました。

 

後日行われた2回目の打ち合わせでは、なんと!私の提案した「体験工作」の案が通ったのですが、その日私は前日に足首を捻挫し、松葉杖をついており、ろくに歩けることもできずに休んでいたので、正直驚きました(笑)

 

「うわまち浪漫灯ろうまつり」で使われる灯ろうは、作る専用の方々がいらっしゃって、画像にもあるように土台は焼酎の箱から作り、灯ろうに使う用紙は毎年公募して、貼り付けた後、中に風情漂わせるろうろくを取り付けて完成になります。

 

             (お祭りに使われる実際の灯ろう)

この灯ろうを子どもたちや地域の方々と一緒に作れば、楽しい思い出になるだろうと思い提案させていただき、お祭り当日は銭湯跡地にて“絵かきま銭湯”という名で開き、たくさんの方々がご来店してくださり、まばゆいばかりの子どもたちの笑顔とその保護者の方々の「ありがとう」の言葉とともに企画は大成功に終わりました。

(銭湯跡地にて:絵描きま銭湯)

 

お祭り当日には他にも、アイスや花火配り、ヨーヨー釣りやスーパーボール救いなどゼミ生全員もお祭りを楽しみながらお手伝いをさせていただきました。途中、商店街の方々から差し入れをいただいたり、あたたかいお言葉をかけていただき、とても心が和み、改めて人と関わること・繋がること・触れ合うことの大切さを感じました。

(アイス配りの様子)

(大盛況のヨーヨー釣り)

 

また、後日、横須賀経済新聞に私たち福田ゼミの活動を掲載していただきました!

 

――――――――――――【掲載していただいた記事はコチラ↓】――――――――――――

http://yokosuka.keizai.biz/headline/1019/
http://yokosuka.keizai.biz/photoflash/871/
(横須賀経済新聞のページへ飛びます)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

今後も商店街の活性化の為、ハロウィーンのイベントにも参加させていただく予定になっておりますので、その際はまた告知させていただきます。皆さんふるってご参加ください(*^-^*)

(会長・先生と一緒に。全体集合写真)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.