経済学部の学び

卒論発表会の実施報告

2014.03.29 佐藤志乃ゼミナール

こんにちは!佐藤ゼミ4年のゼミ長佐藤克紀です。去る2014年2月14日大雪の中横浜の関内メディアセンターにおいて卒業論文発表会を行いましたのでご報告致します。

 

 

 

ゼミの恒例行事である卒論発表会は、4年生が各自の卒論についてパワーポイントを用いてプレゼンする、研究の集大成ともいえる場です。ゼミの全学年参加で、下級生との質疑応答タイムがある他、会の最後には優れたプレゼンに対する投票が行われるので、4年生も気を引き締めて臨みます。

発表時間15分という制約のなかで、いかにテーマの面白さを伝え、問いから結論に至るまでの要点を分かりやすく説明できるか(そして話の緩急で聴衆を眠らせないか!)、これがプレゼンの成否を決めるのではないかと思われます。

 

 

 

 

 

発表内容は多岐に渡っていました。「AKB48」の成功についてマーケティング戦略の枠組みから分析したものもあれば、後発ブランドの戦略という視点からレクサスによる高級車市場の攻略を分析したもの、「TSUBAKI」に代表される高機能シャンプー市場で起きたコモディティ化現象について論じたもの、さらにジェンダーとファッションの関わりについて論究したものや売場での消費者の購買行動研究(ショッパーマーケティング)の研究をレビューした学術的なものまで・・・硬軟入り混じっていますが、これも佐藤ゼミならではのことで、「自分の興味のあることをとことん追究すべし」という方針が浸透しているからこそだと思います。

 

 

 

 

 

下級生からはこうした発表に対してユニークな視点での質問や鋭いコメントが度々出てきて、学年を超えて活発な議論が起こりました。ゼミ全員による投票の結果、上位者は表彰されるとともに赤い薔薇一輪というバレンタインらしい“粋”な賞品が贈られました。

 

(ゼミ生による投票で優秀プレゼンに選ばれた3名)

写真中央が筆者、写真右が山田翔平君、写真左が山下敦志君

 

そして、発表会後は雪が降りしきるなか近くの懇親会会場「BAMBINO(関内店)」へ。オシャレなバーカウンターのある店内を貸切りにして、ワイワイ語り合うひと時。4年生から佐藤先生へ感謝の気持ちを込めて制作された3年間のゼミ生活を振り返るムービーの上映や、日傘(※日傘は志乃先生の必須アイテムです)と手製のメッセージ入りアルバム、プレミアムチョコの贈り物があり、更に、3年生から4年生全員に記念品のサプライズも。これまでを振り返ってちょっとしんみりする場面もありながら笑って盛り上がって・・・そしてほのぼのする会になりました。2年生、3年生のみんな、素敵な会をありがとう。3年生は就活と卒論、ともに頑張ってください。

 

 

 

 

佐藤ゼミでいい経験ができたこと、いい仲間に出会えたことに感謝しています。今後ものびのびとしながらも互いに切磋琢磨し合うゼミであり続けてほしいと願っています。

 

(2013年度卒業生 佐藤克紀)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.