経済学部の学び

本を出しました。 共通科目の担当者(と元担当者)の5人で本を出しました。

2009.07.31 

共通科目の担当者(と元担当者)の5人で本を出しました。
去年の秋・冬にメディア・センターでおこなった連続講義です。

 

経済学部には、「平和研究」というユニークな講義と、「ジェンダー論」「セクシュアリティ論」「性の健康学」「家族論」などいくつかのジェンダー関連の授業がありますが、それらが統合された連続講義です。
専門的な内容を、日常的な口調で話したもので、とても読みやすい本だと思います。
ぜひ、ご覧ください。

 

『連続講義 暴力とジェンダー』
林博史・中村桃子・細谷実・編著
【目次から】
講義1 アキハバラ事件と男の暴力(講師・細谷実)
講義2 視覚メディアと性暴力的表現(講師・西山千恵子)
講義3 戦争と「女ことば」(講師・中村桃子)
講義4 人身取引される女性たち(講師・三木恵美子)
講義5 日本軍「慰安婦」制度と米軍の性暴力(講師・林 博史)
四六判並製、240頁
定価 2200円+税(税込2,310円) 白澤社・発行(現代書館・発売)

  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.