経済学部の学び

「地域・民族・文化の歴史から国際化を考える」

2017.04.01 田中史生ゼミナール

担当教員氏名
田中 史生(たなか ふみお)
ゼミナールのテーマ
地域・民族・文化の歴史から国際化を考える
ゼミナールの活動内容
本ゼミナールでは、昔から変わらずにあるようにみえる国家や地域、民族や文化などが、国際社会のなかでどのように形成され、また変化してきたのかを、歴史的観点から様々に探っていきます。また大学の立地する神奈川や横浜などの地域史の研究にも取り組んでいます。
ゼミナールの特徴
ゼミナールの前半は、グループワークを中心にすすめます。グループ対抗のディベートや、グループによる研究報告を行い、課題発見力、資料収集力、分析力、討論力、プレゼン能力と、コミュニケーション能力を身につけます。後半はこれらを基礎に、個々で卒業論文を作成するとともに、「自分史」の分析方法も学び、就活や卒業後に備えます。
ゼミ学生に一番学んで(感じて)欲しいこと
社会の動きを歴史的に捉えるスキルを身につけるならば、私たちの社会が「不変」ではなく、必ず変わっていくことを知ることになるでしょう。そしてこのことを知れば、私たちは変化を怖れるよりも、どう変化すべきかを考えることの方が大切だと考えるようになるはずです。ゼミでの学びを礎に、現実社会の問題・課題に積極的にかかわっていって欲しいと思います。
田中ゼミ写真
  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.