経済学部の学び

「社会保障」

2017.04.01 田中聡一郎ゼミナール

担当教員氏名
田中 聡一郎 (たなか そういちろう)
ゼミナールのテーマ
社会保障
ゼミナールの活動内容
 卒業論文の執筆がゼミの最終目標になります。2年生は社会保障の教科書を輪読し、3年生はエクセルを使ったデータ解析とゼミ共同論文の執筆を行っています。4年生は個人報告と卒業論文の執筆です。社会保障に関連したシンポジウムや講演会などにも出かけます。
ゼミナールの特徴
 社会保障を中心としていますが、労働、教育、財政など関連領域も学ぶこともできます。またゼミナールでは、何度も報告の機会があるため、自分の意見を述べ、また質問に対して落ち着いて回答する力が身につくようになります。
ゼミ学生に一番学んで(感じて)欲しいこと
 ゼミナールにおける学習の良さは、皆で学ぶことにあるように思います。特に、同世代の友人からの影響は、その後の人生においても、豊かな意味をもつと思います。ゼミ生には、相互に学び合うような姿勢を持って欲しいと思います。
  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.