経済学部の学び

「数学を用いた経済の理論的解析」

2017.04.01 細矢祐誉ゼミナール

担当教員氏名
細矢 祐誉(ほそや ゆうき)
ゼミナールのテーマ
数学を用いた経済の理論的解析
ゼミナールの活動内容
 基本的には、私の用意した書籍を輪読(つまり、毎回報告の担当者を決めて、その報告者が担当箇所を他の人間に説明する形態)する、という形式を取ります。用意する書籍については、ゼミナール費が足りている限り、私が用意して学生に配布します。ゼミナール費でまかなえないほどに学生が来た場合には自腹で買ってもらいます。
ゼミナールの特徴
 私が最も重要視するのはよい報告ではなく、正直な報告です。私の用意する書籍はどれも簡単ではありませんので、わからないところもあるでしょう。しかし、一人ではわからない書籍をみんなで読み、あるいは教員と共に読むことで乗り越えていくというのもゼミの大切な役目だと思っております。したがって、報告時にわからないことがあるのは問題ではありません。しかし、わからないことを、まるでわかっているかのように発表するのは禁止事項です。それは嘘をついているということです。わからない場合には報告者がそこを正直に告げて、その点について皆で議論します。
ゼミ学生に一番学んで(感じて)欲しいこと
 見てわかるとおり、地味なゼミです。経済や社会がどのように動くか、その理論面での原則について感覚を掴むことを目標としています。卒業論文には多少の自由度はありますが、それまではテーマを選ぶこともできません。しかし、世の中にはゼミで学ばないと絶対に自分からは学ばない分野というのもあるのです。そのような分野に触れ、人間行動についての理解を深めるというのが、本ゼミナールで学生に学んで欲しい内容になります。
  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.