経済学部の学び

「日本の医療問題を考える」

2014.07.01 宮本守ゼミナール

担当教員氏名
宮本 守 (みやもと まもる)
ゼミナールのテーマ
日本の医療を考える。
ゼミナールの活動内容
宮本ゼミでは、日本の医療について勉強しています。まず、公的医療保険制度の仕組みを知ることから始めます。そして、この制度にはどのような問題点があるのかを考えます。一番の問題は、国民医療費の増大です。このまま増大を続けると、皆保険制度自体が存続できなくなる恐れがあります。医療の質を落とすことなく、医療費を抑制する方法を考えます。
ゼミナールの特徴
医療制度に関するテキストを輪読します。担当者はレジュメを作成し、内容を報告します。
それについて、わからないことや、疑問点などを出し合い、討論します。ゼミでは、残りの時間をグループディスカッションに充てています。毎回、担当者を決め、今問題になっているテーマや興味があるテーマを出してもらい、それについて賛成、反対の2グループに分かれ討論します。
ゼミ学生に一番学んで(感じて)欲しいこと
これまで受けてきた教育は全て知識詰め込み型、受け身型でした。ゼミは、学生自身が考え、自らの意見を発表する場であってほしいと考えます。
  • 一覧に戻る
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.