教育・研究

上代 雄介

氏 名 上代 雄介 (かみしろ ゆうすけ)
職 名 准教授
主要担当 基礎ミクロ経済学、基礎マクロ経済学
研究テーマ ○ゲーム理論
その他担当科目 ○近代経済学特論
○ゼミナール
研究内容 『プレイヤーの情報が非対称な場合の協力ゲーム』

ゲーム理論の分野の中で、複数のプレイヤー(経済主体)の持つ情報が非対称な経済における、協力行動に関する理論的研究を行っている。
特に、協力ゲームにおいて、安定性を記述する解概念の一つである「コア」が、非対称情報の存在する場合にどのような性質を持つのか研究している。

ゼミテーマ 『「ゲーム理論」を用いて、現実の経済問題・社会現象を分析する』

「ゲーム理論」(Game Theory)とは、複数の意思決定主体(個人・企業・国家など)が存在する状況における意思決定の理論で、経済学・政治学・経営学など幅広い分野で応用されています。企業間の競争、業務提携や合併、国家間の駆け引きや交渉など、これらの状況ではすべて、相手がどのように行動してくるかを考えながら、こちらの戦略を立てていきます。このような状況でどのように行動していけばよいか、これを数理的に分析しようとするのが「ゲーム理論」です。
まず、教科書の講読を行うことで、ゲーム理論に関する知識・考え方を身に着け、その後、3年生の後半以降では各自が設定したテーマに基づいて研究を進め、卒業論文を作成する予定です。

研究室 経済学館408号室
ホームページ
アドレス
https://sites.google.com/site/yusukekamishiro/
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1 TEL:045(786)7056
Copyright(c)2013 Kanto Gakuin University All rights reserved.